日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福士加代子に「名古屋出るな」 日本陸連“異例要望”の本音

 先を見据えた「決断」だ。

 日本陸連の麻場一徳強化委員長は21日、1月の大阪国際女子マラソンに優勝した福士加代子(33)に、事実上のリオ五輪キップを出した。

 福士は大阪国際で設定記録の2時間22分30秒を切ったが、代表選考は3月13日の名古屋ウィメンズが終わってから行われるため、陸連から「代表内定」が出ていない。名古屋で好記録を出した選手に、残る2枚の切符を持っていかれたらたまらない。所属チームの永山監督は、ムチャを承知で福士を名古屋ウィメンズにエントリーしていたのだ。

 しかし陸連はここにきて、「(福士は)名古屋に出ることは避けてもらいたい。メダルを狙える水準に達している。(五輪まで)盤石なプロセスを踏んでほしい」と、要望。「(レースの)出場は避けて」ということは、代表内定を出したも同然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事