福士加代子に「名古屋出るな」 日本陸連“異例要望”の本音

公開日: 更新日:

 先を見据えた「決断」だ。

 日本陸連の麻場一徳強化委員長は21日、1月の大阪国際女子マラソンに優勝した福士加代子(33)に、事実上のリオ五輪キップを出した。

 福士は大阪国際で設定記録の2時間22分30秒を切ったが、代表選考は3月13日の名古屋ウィメンズが終わってから行われるため、陸連から「代表内定」が出ていない。名古屋で好記録を出した選手に、残る2枚の切符を持っていかれたらたまらない。所属チームの永山監督は、ムチャを承知で福士を名古屋ウィメンズにエントリーしていたのだ。

 しかし陸連はここにきて、「(福士は)名古屋に出ることは避けてもらいたい。メダルを狙える水準に達している。(五輪まで)盤石なプロセスを踏んでほしい」と、要望。「(レースの)出場は避けて」ということは、代表内定を出したも同然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る