大阪国際Vでリオ確実も…福士加代子を待つ本番レースの壁

公開日: 更新日:

 本番は1人で戦わなければならない。

 リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは、トップでゴールした福士加代子(33)が、日本陸連が定める派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回る、日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝。

「やったー、やっと取ったよ1等賞。これでリオ決定だべ!」と喜びを爆発させた。

 13年の同大会以来3年ぶり2度目のマラソン優勝で、リオ五輪代表の座を確実にした福士だが、今回の好タイムはペースメーカーに助けられたことは自身も認めている。

 レースは序盤から1キロ3分20秒を切るハイペースで進み最初の5キロ手前で先頭集団は早々と6人に絞られた。5キロを16分44秒で通過すると解説の増田明美さんが「この暑さではペースが速すぎ」と心配したほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る