日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

オーバースイングは腕の使いすぎが原因

久保明人さん(53・HC7)

 久保明人さんはスイングアークが大きく、クラブが持つエネルギーを効率良く引き出しているのが、連続写真からもよくわかります。

 ドライバー飛距離は平均260ヤードですが、良い球、悪い球が出て安定性に欠けるという悩みをお持ちです。

 原因は腕の使い過ぎです。

 連続写真を見れば、始動時から腕を使い過ぎているのがよくわかります。テークバック時に左肩の動きに対して、倍以上もヘッドが上がっています(写真①)。理想は左腕からシャフトまで真っすぐ一本に伸び、ヘッドは右足つま先方向を指すといいのですが、さらに上がっています。

 つまり、久保さんは腕(手)でクラブを上げているわけです。

 それが結果として、オーバースイング(写真③)につながるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事