小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

オーバースイングは腕の使いすぎが原因

公開日:  更新日:

久保明人さん(53・HC7)

 久保明人さんはスイングアークが大きく、クラブが持つエネルギーを効率良く引き出しているのが、連続写真からもよくわかります。

 ドライバー飛距離は平均260ヤードですが、良い球、悪い球が出て安定性に欠けるという悩みをお持ちです。

 原因は腕の使い過ぎです。

 連続写真を見れば、始動時から腕を使い過ぎているのがよくわかります。テークバック時に左肩の動きに対して、倍以上もヘッドが上がっています(写真①)。理想は左腕からシャフトまで真っすぐ一本に伸び、ヘッドは右足つま先方向を指すといいのですが、さらに上がっています。

 つまり、久保さんは腕(手)でクラブを上げているわけです。

 それが結果として、オーバースイング(写真③)につながるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る