小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

オーバースイングは腕の使いすぎが原因

公開日: 更新日:

 本来ならスイング軌道の安定とインパクトでの再現性を高めるためのトップは、写真②のポジションが理想です。

 左肩や両腕の動きよりもヘッドの動きの方が大きいと、クラブと体との一体感が失われてしまいます。それでは上級者でもスイングが安定しません。

 その結果、ダウンスイングが遅れ気味になり、フェースが開いて、本来あるべきインパクトポジションでヘッドがボールに届いていません(写真④)。

 これが上級者の手打ちによるミスです。久保さんはインパクトで微調整できるので大きなミスにはつながりませんが、アベレージゴルファーならフェースコントロールが難しく、スライス、フックとあらゆるミスを引き起こす原因になります。

 テークバックは腕を使い過ぎずトップをコンパクトに収めたいものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る