錦織はオフも大忙し テニスのトッププロはいつ休める?

公開日:  更新日:

 いったい、いつ休むのか?

 11月19日のツアーファイナル1次リーグで敗れた錦織圭(25=世界ランク8位)の今季は終幕。オフはゆっくり温泉にでもつかっていると思ったら、2日も神戸でラケットを握っていた。

 13年に旗揚げされたIPTL(インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)という新しい国際大会は、フィリピン、インド、アラブ首長国連邦(UAE)、シンガポールに、今年は日本も参戦。

 2日に開幕した日本ラウンドから20日終了の第5戦(シンガポール)まで、チームは5カ国を転戦する。選手は国籍に関係なく5カ国のチームに分かれ、男女シングルスと男子ダブルス、混合ダブルス、かつてのトップ選手によるシングルスを1セットずつ行い、獲得ゲーム数の合計を争う。世界ランクトップのジョコビッチ、同3位のフェデラー、同5位のナダルも参戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る