ダメ押し白鵬にダメ出し 執行部は「余裕のなさの裏返し」

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(31)がまたやった。16日、前頭2枚目の隠岐の海(30)を押し出して3勝目。問題は隠岐の海が土俵を割った、その直後だった。白鵬はあろうことか右のど輪で、隠岐の海を土俵下まで突き飛ばしたのだ。

 白鵬のダメ押しは日常茶飯事だ。昨年の名古屋場所でも逸ノ城に余計な一発を見舞っている。アッパーや顔面への肘打ちも珍しくない。なにしろ今場所は黒星スタート。熱くなった可能性についても、「全然」と悪びれもせずに答えた。

 白鵬に横綱の品格を求めるのは、もう“八百屋で魚”のようなものだったが、さすがに執行部は見るに見かねたに違いない。「良くない。ほめられた行為じゃない。余裕のなさの裏返しではないでしょうか」と藤島審判部副部長(元大関武双山)が話せば、八角理事長は「厳しくいかなきゃいけないところだけど、相手が力を抜いた後にやると残りようがない。下のお客さんだって危ない」と“ダメ出し”した。

 藤島審判部副部長が指摘するように、白鵬の愚挙が「余裕のなさの裏返し」だとすれば、3連勝の勢いも、うのみにはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る