ダメ押し白鵬にダメ出し 執行部は「余裕のなさの裏返し」

公開日:  更新日:

 横綱白鵬(31)がまたやった。16日、前頭2枚目の隠岐の海(30)を押し出して3勝目。問題は隠岐の海が土俵を割った、その直後だった。白鵬はあろうことか右のど輪で、隠岐の海を土俵下まで突き飛ばしたのだ。

 白鵬のダメ押しは日常茶飯事だ。昨年の名古屋場所でも逸ノ城に余計な一発を見舞っている。アッパーや顔面への肘打ちも珍しくない。なにしろ今場所は黒星スタート。熱くなった可能性についても、「全然」と悪びれもせずに答えた。

 白鵬に横綱の品格を求めるのは、もう“八百屋で魚”のようなものだったが、さすがに執行部は見るに見かねたに違いない。「良くない。ほめられた行為じゃない。余裕のなさの裏返しではないでしょうか」と藤島審判部副部長(元大関武双山)が話せば、八角理事長は「厳しくいかなきゃいけないところだけど、相手が力を抜いた後にやると残りようがない。下のお客さんだって危ない」と“ダメ出し”した。

 藤島審判部副部長が指摘するように、白鵬の愚挙が「余裕のなさの裏返し」だとすれば、3連勝の勢いも、うのみにはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る