吹き荒れるトランプ旋風 日本人メジャー挑戦にも影響必至

公開日: 更新日:

 米国のかつての覇権主義はどこへやら。例えば世界のすべての国の参加を前提に主導したGATT(関税及び貿易に関する一般協定)やWTO(世界貿易機関)に対し、TPPはEU(欧州連合)などとの並立が前提の経済圏に過ぎない。どうやらトランプは格差社会の底辺でくすぶる不満や怒りを、強いアメリカを取り戻すという主張によって代弁しているようなのだ。

■ビザ発給数の引き下げ

 問題はトランプの主張が米国内でかなりの支持を集めている現実、つまり日本や中国に甘い顔を見せることが元凶みたいな空気が米国に充満している点だ。それだけにトランプ旋風は現在、メジャーでプレーする日本人選手、あるいはこれからプレーしようと考えている日本人選手にとって、対岸の火事では済まされない。前出の鈴村氏がこう言った。

「トランプの打ち出している移民規制は民主党保守派も共鳴しやすい話題だけに、ビザの発給の総数を引き下げたり、要件が厳しくなれば、当然マイナー契約で渡米する外国人選手にも被害が及びます。さらに言えば現在のポスティングシステム(入札制度)も米国側には不満の多い仕組みだけに、制度の改変や撤廃を唱えてくる可能性もあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る