理事長選の敗因? 貴乃花派に故北の湖氏“遺言”改ざん疑惑

公開日: 更新日:

 先の理事長選に完敗した貴乃花親方(43=元横綱)はこれまで、事あるごとに北の湖前理事長の名前を使ってきた。スポーツ紙上で理事長選への出馬を表明した際も「前理事長から受けたご恩に報いる必要がある」「遺志に応えなければなりません」「それは、私の役目」などとつづっている。

 北の湖前理事長を「オヤジ」と呼び、再三、遺志を受け継ぐのは自分と強調していた貴乃花親方とその一派が、あろうことか遺志をねじ曲げた疑惑が浮上した。

 北の湖前理事長が多臓器不全で急逝したのは昨年11月20日、九州場所の最中だった。その少し前のこと。北の湖前理事長は病に苦しむ中、親しい親方のひとりにこう言って胸の内を打ち明けたという。

「オレの後は八角。貴乃花はその間、勉強して次だ」

 北の湖前理事長の遺志は何よりも「土俵の充実」。当時、ナンバー2の事業部長だった八角現理事長(52=元横綱北勝海)には「ブレずに頑張れ」とのひと言を残したが、自分の後を示唆する遺言らしきものの存在はこれまで公にされなかった。しかし、「自分の後は八角、貴乃花はその次」と話していたのであれば「遺言」とも言えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る