理事長選の敗因? 貴乃花派に故北の湖氏“遺言”改ざん疑惑

公開日: 更新日:

 先の理事長選に完敗した貴乃花親方(43=元横綱)はこれまで、事あるごとに北の湖前理事長の名前を使ってきた。スポーツ紙上で理事長選への出馬を表明した際も「前理事長から受けたご恩に報いる必要がある」「遺志に応えなければなりません」「それは、私の役目」などとつづっている。

 北の湖前理事長を「オヤジ」と呼び、再三、遺志を受け継ぐのは自分と強調していた貴乃花親方とその一派が、あろうことか遺志をねじ曲げた疑惑が浮上した。

 北の湖前理事長が多臓器不全で急逝したのは昨年11月20日、九州場所の最中だった。その少し前のこと。北の湖前理事長は病に苦しむ中、親しい親方のひとりにこう言って胸の内を打ち明けたという。

「オレの後は八角。貴乃花はその間、勉強して次だ」

 北の湖前理事長の遺志は何よりも「土俵の充実」。当時、ナンバー2の事業部長だった八角現理事長(52=元横綱北勝海)には「ブレずに頑張れ」とのひと言を残したが、自分の後を示唆する遺言らしきものの存在はこれまで公にされなかった。しかし、「自分の後は八角、貴乃花はその次」と話していたのであれば「遺言」とも言えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る