理事長選の敗因? 貴乃花派に故北の湖氏“遺言”改ざん疑惑

公開日: 更新日:

■本心を知っていた裏金顧問

「それが北の湖前理事長の本心で強い希望でもあったことは、北の湖親方の右腕だった裏金顧問がだれよりも分かっていたはずです」と、さる親方がこう続ける。

「北の湖親方の容体が悪化したとき、裏金顧問が真っ先に擦り寄ったのは協会ナンバー2の八角親方でした。『次は八角だよ』と周囲に言ったともいいます。つまり北の湖理事長の本音を知っていたからです。ところが八角親方は、裏金顧問のあまりに不自然な言動に次第に猜疑心を抱くようになった。それで危機感をもった裏金顧問は八角親方のもとを離れ、貴乃花親方に急接近した。八角親方のもとでは協会の中枢に居続けるのは無理だと判断、北の湖前理事長の跡目を狙っていた貴乃花親方を担いで生き残ろうと考えたのでしょう」

 裏金顧問が最初に八角親方に接近した事実が何より、北の湖前理事長の本心を知っていたことを裏付けているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る