理事長選の敗因? 貴乃花派に故北の湖氏“遺言”改ざん疑惑

公開日: 更新日:

 が、「北の湖前理事長の遺志を受け継ぐ」と理事長選に立候補した貴乃花親方も、そんな貴乃花親方を担いだ裏金顧問も、北の湖前理事長の遺志をくんでいるように見せて、実は自分たちの都合のいいように利用しただけではないか。

■大差で敗れた原因

 別のある親方がこう言った。

「貴乃花一派は今回の理事長選でも亡くなった北の湖親方を利用してますよ。『貴乃花が後を継ぐのはオヤジ(北の湖前理事長)の遺志』と言って、八角支持の理事を籠絡しようとしたのがいたと聞きましたから。言われた理事もさすがにおかしいと、貴乃花一派の人たちに不信感をもったといいます。支持を得るどころか、逆に貴乃花親方が大差で敗れた原因になったとすら思いますね」

 北の湖前理事長の強い希望でもあった「次は八角」をはしょって、さも自分たちが後継ぎのように喧伝したとすれば、それこそ「遺言」の「改ざん」になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る