二軍戦2回2失点 SB松坂の年棒4億円「全額寄付」のススメ

公開日: 更新日:

 本調子を取り戻す前にシーズンが終わりかねない。

 ソフトバンクの松坂大輔(35)が、20日の二軍戦(中日)に先発した。初回はボークに加えて3四球で2死満塁のピンチをつくるも、何とか切り抜ける独り相撲。しかし、二回に8番打者から4連打を浴び、2点を失った。2回52球、4安打3四球、2失点という締まらない結果だった。

「全体的にボールが高く、修正できなかった」と試合後に肩を落とした松坂。昨季右肩を手術した影響もあるとはいえ、これでは一軍の戦力など夢物語だ。

 それでも松坂は複数年契約が切れる来季まで、年俸4億円が手に入る。それが契約といっても、納得できないファンは多いだろう。そこで松坂に提案したいのが、熊本地震被災者への年俸全額寄付だ。

 松坂にしてみれば、ソフトバンクは戦力としては未知数だった自分を破格の待遇で迎え入れてくれた大恩人。しかも一説によれば、「先発以外したくない」というワガママも承諾してもらったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る