二軍戦2回2失点 SB松坂の年棒4億円「全額寄付」のススメ

公開日: 更新日:

 本調子を取り戻す前にシーズンが終わりかねない。

 ソフトバンク松坂大輔(35)が、20日の二軍戦(中日)に先発した。初回はボークに加えて3四球で2死満塁のピンチをつくるも、何とか切り抜ける独り相撲。しかし、二回に8番打者から4連打を浴び、2点を失った。2回52球、4安打3四球、2失点という締まらない結果だった。

「全体的にボールが高く、修正できなかった」と試合後に肩を落とした松坂。昨季右肩を手術した影響もあるとはいえ、これでは一軍の戦力など夢物語だ。

 それでも松坂は複数年契約が切れる来季まで、年俸4億円が手に入る。それが契約といっても、納得できないファンは多いだろう。そこで松坂に提案したいのが、熊本地震被災者への年俸全額寄付だ。

 松坂にしてみれば、ソフトバンクは戦力としては未知数だった自分を破格の待遇で迎え入れてくれた大恩人。しかも一説によれば、「先発以外したくない」というワガママも承諾してもらったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る