二軍戦2回2失点 SB松坂の年棒4億円「全額寄付」のススメ

公開日: 更新日:

 本調子を取り戻す前にシーズンが終わりかねない。

 ソフトバンク松坂大輔(35)が、20日の二軍戦(中日)に先発した。初回はボークに加えて3四球で2死満塁のピンチをつくるも、何とか切り抜ける独り相撲。しかし、二回に8番打者から4連打を浴び、2点を失った。2回52球、4安打3四球、2失点という締まらない結果だった。

「全体的にボールが高く、修正できなかった」と試合後に肩を落とした松坂。昨季右肩を手術した影響もあるとはいえ、これでは一軍の戦力など夢物語だ。

 それでも松坂は複数年契約が切れる来季まで、年俸4億円が手に入る。それが契約といっても、納得できないファンは多いだろう。そこで松坂に提案したいのが、熊本地震被災者への年俸全額寄付だ。

 松坂にしてみれば、ソフトバンクは戦力としては未知数だった自分を破格の待遇で迎え入れてくれた大恩人。しかも一説によれば、「先発以外したくない」というワガママも承諾してもらったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る