• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕から1カ月 プロ野球新監督6人の「通信簿」

巨人 高橋由伸

【采配】常に隣に寄り添い、コミュニケーションを取る村田真一ヘッドコーチが「手堅い野球をする」と例に挙げたのが、4月13日のヤクルト戦。2-0で迎えた四回無死二塁で8番の小林誠に犠打をさせた場面だ。

「2点リードしていたし、次は投手の菅野。(サインは)『右打ち』でもいいわけやろ。それでも送らせたのは、菅野が倒れて2死になっても監督の(1番)立岡への信頼度が高かったこと。それと走者を三塁に進めておけば、ワイルドピッチなどでも得点できる。結果的に菅野がタイムリーを打ってくれたけど、確率を考えた手堅い野球をするという印象やな」

 奇襲や奇策を好んだ原前監督とは対照的だ。

「そうかもな。今は監督の脇でいろいろ言っている。攻撃だけじゃなくて守備でも前進するとかしないとか、ベンチは常に選択しないといけない。最終的に決断するのは監督やけど、隣で提案できるようにしたいと思っている」

 経験豊富なコーチ陣が新監督を支える構図。「巨人には普通の野球をされるのが一番嫌」と他球団を困らせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る