開幕から1カ月 プロ野球新監督6人の「通信簿」

公開日: 更新日:

巨人 高橋由伸

【采配】常に隣に寄り添い、コミュニケーションを取る村田真一ヘッドコーチが「手堅い野球をする」と例に挙げたのが、4月13日のヤクルト戦。2-0で迎えた四回無死二塁で8番の小林誠に犠打をさせた場面だ。

「2点リードしていたし、次は投手の菅野。(サインは)『右打ち』でもいいわけやろ。それでも送らせたのは、菅野が倒れて2死になっても監督の(1番)立岡への信頼度が高かったこと。それと走者を三塁に進めておけば、ワイルドピッチなどでも得点できる。結果的に菅野がタイムリーを打ってくれたけど、確率を考えた手堅い野球をするという印象やな」

 奇襲や奇策を好んだ原前監督とは対照的だ。

「そうかもな。今は監督の脇でいろいろ言っている。攻撃だけじゃなくて守備でも前進するとかしないとか、ベンチは常に選択しないといけない。最終的に決断するのは監督やけど、隣で提案できるようにしたいと思っている」

 経験豊富なコーチ陣が新監督を支える構図。「巨人には普通の野球をされるのが一番嫌」と他球団を困らせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る