開幕から1カ月 プロ野球新監督6人の「通信簿」

公開日: 更新日:

楽天 梨田昌孝

【メンタル】近鉄時代から梨田監督を知る球界OBが言う。

「お調子者で勘違いされやすいが、実は相当の苦労人。中学時代に父を亡くし、学生時代は新聞配達などで学費を稼いでいた。そうした苦労を表に出さないだけで、内心は星野球団副会長に劣らず熱いものを持っている。優しい印象だが、甘く見ると痛い目に遭う。ダジャレは、あくまで場を和ませるためのツール。自分が何を伝えたいのか、何を察してほしいのかを相手に考えさせる。そうした空気を読めない選手や、表面の優しさに甘えている選手は、容赦なく切り捨てる」

 オコエの二軍落ちも戦力不足以外に「そろそろ潮時」と見切ったとも言われている。

 監督経験は近鉄、日本ハムときて、楽天が3球団目。声がかかるのは理由がある。

「補強や組閣など、球団に『あれが欲しい、これが欲しい』と言わない。常々、『私は中学時代に父を亡くし、買いたいものも買えず、我慢が身に付いている。だから、球団が与えてくれる戦力で十分です』と話している」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る