巨人エース菅野 中5日“フル回転”から突如方針転換の理由

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸監督(41)が方針を曲げた。

 エースの菅野智之(26)に指揮官は、開幕前から通常の中6日の登板間隔ではなく、「中5日」との方針を伝えていた。ゴールデンウイーク突入前に系列スポーツ紙には「智之みたいに力のあるピッチャーがいるわけだから、可能な範囲で登板数をどんどん回していくのも作戦」と力説。改めて「フル回転」を指令していた。実際、開幕から4月終わりまでに中5日は3度あった。

 それが、前回5日の登板は中6日。本来なら4日に投げるはずが、その日は二軍から呼ばれた江柄子が抜擢された。プロ5年目の江柄子は598日ぶりの先発。大方の予想通り、五回途中KOされたが、苦戦は百も承知で首脳陣は菅野に「6日間」を与えたのだ。今回も中5日なら11日の阪神戦となるところを、こちらも二軍の内海が呼ばれて今季初登板の予定。次カードのヤクルト戦に回る菅野の間隔は7日間以上空くことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る