錦織がイタリア国際でベスト4 次戦は宿敵ジョコと再戦へ

公開日: 更新日:

 錦織、ベスト4進出─―。テニスのイタリア国際は13日、ローマで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング6位の錦織圭(26)は、同15位のドミニク・ティエム(22=オーストリア)と対戦、6-3、7-5でストレート勝ちした。同大会は、4大大会に次ぐ格付けでトップ選手が揃って出場する「マスターズ大会」の1つ。

 錦織は第1セットでティエムに先にサービスゲームを奪われたが、第5ゲームから5ゲームを連取して巻き返し、このセットを6-3で奪った。第2セットも主導権を譲らず、ストレート勝ちした。

 試合を振り返った錦織は「難しい相手だったが、相手のミスを誘うという点ではいいプレーができた」とコメント。

 準決勝では前週のマドリード・オープンに続いて世界1位のノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)と対戦する。錦織は「どれだけリカバリーできるかがカギ。体調が戻れば可能性がある試合はできると思う」と意欲を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る