赤土王者ナダル 禁止薬物使用の名誉棄損で仏元大臣を提訴

公開日: 更新日:

 前日のバルセロナ・オープン決勝で錦織圭を下してクレーコートでは最多タイの49度目の優勝を成し遂げたラファエル・ナダル(29=スペイン)。

 劣勢を強いられても相手に隙を与えないプレースタイル同様、コート外でも必死の反撃に出た。

 ナダルの母国であるスペインなど複数の欧州メディアが25日、ナダルがフランスのロゼリーヌ・バシュロナルカン元スポーツ大臣をパリの裁判所に名誉毀損で訴えたと伝えている。

 同大臣は3月10日にフランスのテレビ番組でナダルが12年に故障で7カ月間、戦列を離れていたことに言及し「恐らくドーピング検査で陽性反応が出たためだ」と発言。これに対し当のナダルは「国際テニス連盟(ITF)にでも、世界反ドーピング機関(WADA)にでも、みんなに尋ねればいい」と真っ向から反論。スペインオリンピック委員会は「(ナダルは)数えきれないほどのドーピング検査を受けてきており、しかも彼の長きにわたる選手生活でその全てをクリアしてきた」と擁護した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  4. 4

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  10. 10

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

もっと見る