赤土王者ナダル 禁止薬物使用の名誉棄損で仏元大臣を提訴

公開日: 更新日:

 前日のバルセロナ・オープン決勝で錦織圭を下してクレーコートでは最多タイの49度目の優勝を成し遂げたラファエル・ナダル(29=スペイン)。

 劣勢を強いられても相手に隙を与えないプレースタイル同様、コート外でも必死の反撃に出た。

 ナダルの母国であるスペインなど複数の欧州メディアが25日、ナダルがフランスのロゼリーヌ・バシュロナルカン元スポーツ大臣をパリの裁判所に名誉毀損で訴えたと伝えている。

 同大臣は3月10日にフランスのテレビ番組でナダルが12年に故障で7カ月間、戦列を離れていたことに言及し「恐らくドーピング検査で陽性反応が出たためだ」と発言。これに対し当のナダルは「国際テニス連盟(ITF)にでも、世界反ドーピング機関(WADA)にでも、みんなに尋ねればいい」と真っ向から反論。スペインオリンピック委員会は「(ナダルは)数えきれないほどのドーピング検査を受けてきており、しかも彼の長きにわたる選手生活でその全てをクリアしてきた」と擁護した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る