赤土王者ナダル 禁止薬物使用の名誉棄損で仏元大臣を提訴

公開日:  更新日:

 前日のバルセロナ・オープン決勝で錦織圭を下してクレーコートでは最多タイの49度目の優勝を成し遂げたラファエル・ナダル(29=スペイン)。

 劣勢を強いられても相手に隙を与えないプレースタイル同様、コート外でも必死の反撃に出た。

 ナダルの母国であるスペインなど複数の欧州メディアが25日、ナダルがフランスのロゼリーヌ・バシュロナルカン元スポーツ大臣をパリの裁判所に名誉毀損で訴えたと伝えている。

 同大臣は3月10日にフランスのテレビ番組でナダルが12年に故障で7カ月間、戦列を離れていたことに言及し「恐らくドーピング検査で陽性反応が出たためだ」と発言。これに対し当のナダルは「国際テニス連盟(ITF)にでも、世界反ドーピング機関(WADA)にでも、みんなに尋ねればいい」と真っ向から反論。スペインオリンピック委員会は「(ナダルは)数えきれないほどのドーピング検査を受けてきており、しかも彼の長きにわたる選手生活でその全てをクリアしてきた」と擁護した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る