逮捕直前まで交流も 虎金本監督“清原被告”になぜか沈黙

公開日: 更新日:

「俺のアニキは清原さん」

 かつてこう言っていたのは阪神・金本知憲監督(48)。「昔から憧れていた。ファンだった」と話したこともある。

 2人のつながりは深い。金本監督はプロ入り直後、「清原さんに挨拶したい」と母校・東北福祉大の先輩で当時、西武で清原被告のチームメートだった大塚光二氏に頭を下げた。プロ4年目の95年にオールスターに初出場した時に、初めて食事をしてから意気投合。清原被告が現役晩年に左膝の故障で入院している時には花を贈り、清原は金本の引退試合で花束を贈呈した。

 13年には一緒にトークショーもやった。共通の知人も多い。清原被告の初公判で情状証人として法廷に立った佐々木主浩氏が「親友」なら、金本監督は「弟分」だ。

 清原被告とは逮捕直前まで付き合いがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る