• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物使用のシャラポワ 出場停止は最悪4年になる可能性も

 テニスの全仏オープンが22日に開幕するが、今年は人気者が1人欠場する。1月から新たに禁止薬物になったメルドニウムを使って暫定資格停止処分を受けたマリア・シャラポワ(29)だ。

 全仏は12、14年と2度制覇。フランスにもファンは多い。8月のリオ五輪でもメダル候補に挙がっていたが、もちろん今のままでは五輪も出場できない。

 国際テニス連盟のハガーティ会長は、6月27日に開幕する全英の前にも処分が下されるであろうと言ったが、最悪なら出場停止は4年になる可能性もあるという。

 ちなみに多くのアスリートは「禁止薬物リストの見落としなんてありえないこと」だという。シャラポワは、陸上界の組織的なドーピングが明らかになったロシアの選手。疑惑の目を向けるライバルは少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る