レジェンド竹下 社会人バレー指揮で描く代表監督の青写真

公開日: 更新日:

「日本一を目指し、五輪でメダルを懸けて戦える選手を輩出したい」

 7日に行われた社会人チーム「ヴィクトリーナ姫路」の発足会見。新監督に迎え入れられた元バレー女子日本代表の竹下佳江(38)は、晴れやかな表情でこう言った。

 当初は何度もオファーを断ったが、「土台づくりに興味があった」と言うように、将来の日本代表選手を育てることに心血を注ぐという。

 ある放送関係者は「4年後の東京五輪で、その選手たちを率いているのは竹下かもしれない」と、こう続ける。

「竹下は13年に日本バレーボール協会の理事に就任した。当時はまだ引退前。現役選手が理事になるのは異例中の異例でした。それだけ協会は竹下の頭脳とリーダーシップを評価している。竹下は知名度も十分なので、20年東京五輪では代表チームを率いてほしいという思惑が協会にあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る