• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あん馬と跳馬で困惑…体操日本に「独製器具」という難敵

 リオ五輪で団体金メダルを目指す男子体操に新たな難敵が現れた。

 先の種目別選手権で5人の出場選手が決まった男子代表が10日、都内での合宿を公開した。大会を終えたばかりとあって各選手とも軽めのメニュー。約1時間半にわたってリオで使用される欧州製の器具の感触を確かめた。

 個人総合で連覇を目指す内村航平(27)は「(海外メーカーは)外見さえ似ていればいいという感覚なんでしょうね」と呆れたように話したが、使い慣れた国内メーカーの器具とは感触がまるで異なるそうだ。

 関係者によると、日本代表の5人が最もてこずりそうなのは、あん馬と跳馬(ドイツのシュピース社製)だ。あん馬は2本の腕だけで体を支え、旋回や移動をする種目だ。「ポメル」と呼ばれる2つの取っ手が、国内で使用しているものよりやや高い構造になっているため、体重移動が難しくバランスを崩しやすいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る