リオ五輪男子体操 メダルの色を決めるのは“あん馬の代表”

公開日:  更新日:

 04年アテネ以来の団体金メダルを目指す男子体操の代表争いが始まった。

 リオ五輪の代表選考会を兼ねた全日本個人総合選手権が1日に開幕(~3日、東京・代々木第一体育館)。団体では37年ぶりの金メダルを獲得した昨年の世界選手権(英国・グラスゴー)で、個人総合6連覇を達成した内村航平(27)はすでに代表に内定。今大会と5月のNHK杯、6月の全日本種目別での結果を基に、残り4枠の選考が行われる。

 今回の選考過程は複雑だ。まず全日本の上位33人(内村含む)と、2日に行われる種目別トライアルの各種目上位3人(合計18人)の合わせて51人がNHK杯に進む。NHK杯個人総合で上位1人(内村を除く)が代表に決定。その選手と内村との組み合わせを考慮し、NHK杯5位以内と同12位以内に入った選手から各種目のスペシャリスト2人を選出する。残り1人は、全日本決勝とNHK杯種目別決勝のどちらかに出場した選手から選考される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る