ドイツがスロバキアに圧勝で8強 堅牢守備で4戦連続無失点

公開日:  更新日:

 ユーロの決勝トーナメント1回戦・ドイツ―スロバキア戦(日本時間27日午前1時開始)、ベルギーとハンガリーとの一戦(同午前4時開始)は「対戦カードの実力差がそのまま反映された試合内容、試合結果となった」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)。

 中でも優勝候補ドイツはスロバキアをまったく寄せ付けず、前半にDFボアテング、FWゴメスのゴールで折り返した時点で戦意喪失のスロバキアは、ドイツのシュート19本(枠内7本)に対して7本(2本)と抵抗らしい抵抗も見せることができず、完封負けでユーロから去っていった。

「スロバキア戦のドイツは、攻守に“穴”は感じられず、非常にどっしりとした安定感を感じさせられた。そのベースになっているのが、GKノイアーを中心にした守備の堅牢さです。ハンガリー戦を終えて、グループリーグから4試合連続無失点。メジャーな国際大会では、なかなか達成できない快挙と言っていいでしょう」(六川氏)

 準々決勝に勝ち上がったドイツは、28日午前1時に始まるイタリア―スペイン戦の勝者と対戦する。注目の一戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る