ドイツがスロバキアに圧勝で8強 堅牢守備で4戦連続無失点

公開日:  更新日:

 ユーロの決勝トーナメント1回戦・ドイツ―スロバキア戦(日本時間27日午前1時開始)、ベルギーとハンガリーとの一戦(同午前4時開始)は「対戦カードの実力差がそのまま反映された試合内容、試合結果となった」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)。

 中でも優勝候補ドイツはスロバキアをまったく寄せ付けず、前半にDFボアテング、FWゴメスのゴールで折り返した時点で戦意喪失のスロバキアは、ドイツのシュート19本(枠内7本)に対して7本(2本)と抵抗らしい抵抗も見せることができず、完封負けでユーロから去っていった。

「スロバキア戦のドイツは、攻守に“穴”は感じられず、非常にどっしりとした安定感を感じさせられた。そのベースになっているのが、GKノイアーを中心にした守備の堅牢さです。ハンガリー戦を終えて、グループリーグから4試合連続無失点。メジャーな国際大会では、なかなか達成できない快挙と言っていいでしょう」(六川氏)

 準々決勝に勝ち上がったドイツは、28日午前1時に始まるイタリア―スペイン戦の勝者と対戦する。注目の一戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る