北海道は前年覇者と遼が欠場 男子の“スター不在”いつまで

公開日: 更新日:

【長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップ】

 目の肥えた北海道のファンにしてみれば、「一体、ダレを見ればいいの?」といった心境だろう。

 7月になってやっと北海道でプロ大会が開催されたが、ぜひ見たいと思わせる選手がまったくいないからだ。大会HPには前年覇者の岩田寛(35)と2年前に優勝した石川遼(24)のイラストが載っているが、2人とも出場していない。

 ツアー記者が言う。

「ジャンボ尾崎が圧倒的に強かった頃は、タニマチが、ジャンボが好んでボールナンバーやキャディーバッグにプリントした『33』のナンバープレートがついた黒塗りの高級車を用意して、千歳空港まで迎えに行っていました。ギャラリーもジャンボのプレーを見たいと、毎年ワクワクしながら待ったものです。試合になればギャラリーがホールを二重、三重に取り囲み、肝心のジャンボの姿を見ることができないほど殺到した。そんなにぎやかだった昔のゴルフ大会を懐かしむ関係者は多いですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る