北海道は前年覇者と遼が欠場 男子の“スター不在”いつまで

公開日:  更新日:

【長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップ】

 目の肥えた北海道のファンにしてみれば、「一体、ダレを見ればいいの?」といった心境だろう。

 7月になってやっと北海道でプロ大会が開催されたが、ぜひ見たいと思わせる選手がまったくいないからだ。大会HPには前年覇者の岩田寛(35)と2年前に優勝した石川遼(24)のイラストが載っているが、2人とも出場していない。

 ツアー記者が言う。

「ジャンボ尾崎が圧倒的に強かった頃は、タニマチが、ジャンボが好んでボールナンバーやキャディーバッグにプリントした『33』のナンバープレートがついた黒塗りの高級車を用意して、千歳空港まで迎えに行っていました。ギャラリーもジャンボのプレーを見たいと、毎年ワクワクしながら待ったものです。試合になればギャラリーがホールを二重、三重に取り囲み、肝心のジャンボの姿を見ることができないほど殺到した。そんなにぎやかだった昔のゴルフ大会を懐かしむ関係者は多いですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る