• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小国躍進も質低下が懸念 ユーロ拡大路線に現地記者が賛否

 欧州選手権(ユーロ)はベスト4が出揃い、ポルトガル―ウェールズ戦(日本時間7日午前4時開始)、ドイツ―フランス戦(同8日午前4時開始)の準決勝に注目が集まっている。今大会は初出場ウェールズの躍進を筆頭にアイスランド、ハンガリーなどサッカー小国の快進撃が光った。その背景にあるのが、16から24への出場国拡大だ。その是非は、プラティニ前欧州サッカー連盟会長が08年に決定を下した時から問われ続け、現地取材陣の間でも賛否両論が渦巻いている――。

「過去のユーロで見たことのなかったアイスランド、ウェールズ、アルバニアといった国が大健闘したのも、24カ国出場になってチャンスが広がったから。本大会に参戦できる喜びは、フランスに大挙して訪れたサポーターからも感じられた。1次リーグの勝ち上がり国も最後まで分からず、スリリングさの感じられたラウンド16新設は、とても良いアイデアだったと思います」と前向きに語るのはフランス「シュドゥ・ウエスト(南西)紙」のパトリック・ファビエール記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る