小国躍進も質低下が懸念 ユーロ拡大路線に現地記者が賛否

公開日:  更新日:

 欧州選手権(ユーロ)はベスト4が出揃い、ポルトガル―ウェールズ戦(日本時間7日午前4時開始)、ドイツ―フランス戦(同8日午前4時開始)の準決勝に注目が集まっている。今大会は初出場ウェールズの躍進を筆頭にアイスランド、ハンガリーなどサッカー小国の快進撃が光った。その背景にあるのが、16から24への出場国拡大だ。その是非は、プラティニ前欧州サッカー連盟会長が08年に決定を下した時から問われ続け、現地取材陣の間でも賛否両論が渦巻いている――。

「過去のユーロで見たことのなかったアイスランド、ウェールズ、アルバニアといった国が大健闘したのも、24カ国出場になってチャンスが広がったから。本大会に参戦できる喜びは、フランスに大挙して訪れたサポーターからも感じられた。1次リーグの勝ち上がり国も最後まで分からず、スリリングさの感じられたラウンド16新設は、とても良いアイデアだったと思います」と前向きに語るのはフランス「シュドゥ・ウエスト(南西)紙」のパトリック・ファビエール記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る