日本のメダル獲得を全力阻止 リオ“最大のライバル”は韓国

公開日:  更新日:

 日の丸を見ると燃える民族だ。

 リオデジャネイロ五輪日本選手団の高田裕司総監督(62)は現地時間1日(日本時間2日)、山下泰裕副団長(59)とメーンプレスセンターで会見に臨み、金メダルは前回大会の倍となる14個、メダル総数は30個以上という目標を改めて掲げた。

 会見で高田総監督は「開会式翌日に競泳の萩野(公介)や柔道の軽量級が出る。ここで金メダルを取って一気に弾みをつけたい。初日が非常に大事な戦いになる」と言ったが、日本の前に立ちはだかるのは欧米や中国の強豪よりむしろ、24競技に204人が出場する韓国になる可能性が高い。

 リオ五輪では、金10個以上、総合10位以内を目指すという韓国は、前回大会では金13、銀8、銅7の実績がある。メダル総数では38個の日本に及ばなかったものの金メダルに限れば第5位。しかも、日本がメダル取りの可能性が高い競技に絞って強化しているだけに不気味なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る