日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米GSリオ五輪予測リポート 日本わずか金メダル7個のワケ

 米ゴールドマン・サックス(GS)が先週末に出したリオ五輪に関するリポートが面白いと兜町で話題だ。

「大会のたびGSは国別の金メダル獲得数を予想しています。経済分析の手法を使った投資銀行ならではの視点がユニークです」(市場関係者)

 GSは、国ごとの成長環境指数(GES)を毎年、算出している。物価上昇率や国内総生産(GDP)、対外債務、経済開放度、ネット普及率、政治的安定度などで構成されるが、このGESを参考に独自の手法で金メダル数を予測した。

 トップは米国の45で、以下、中国36、英国23、ロシア14、韓国13と続く。日本は7で10位だ。

 どの競技で獲得するかまでは踏み込んではいないが、リポートには「柔道」に関する記述の中に日本が出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事