米GSリオ五輪予測リポート 日本わずか金メダル7個のワケ

公開日:  更新日:

 米ゴールドマン・サックス(GS)が先週末に出したリオ五輪に関するリポートが面白いと兜町で話題だ。

「大会のたびGSは国別の金メダル獲得数を予想しています。経済分析の手法を使った投資銀行ならではの視点がユニークです」(市場関係者)

 GSは、国ごとの成長環境指数(GES)を毎年、算出している。物価上昇率や国内総生産(GDP)、対外債務、経済開放度、ネット普及率、政治的安定度などで構成されるが、このGESを参考に独自の手法で金メダル数を予測した。

 トップは米国の45で、以下、中国36、英国23、ロシア14、韓国13と続く。日本は7で10位だ。

 どの競技で獲得するかまでは踏み込んではいないが、リポートには「柔道」に関する記述の中に日本が出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る