必然の初戦敗退…フェンシング太田雄貴は燃え尽きていた

公開日: 更新日:

 五輪は4年間の血のにじむような練習、鍛錬の集大成。「引退」「休養」などを繰り返してメダルに届くほど甘くはなかったのである。

「太田は民放の女子アナと交際して熱を上げたり、東京五輪招致に入れ込んだりと、フェンシングがおろそかになっていた。そのツケがリオで回ってきたともいえる」(担当記者)

 太田は「五輪は特別な場所なので、金メダルを本当に取りにいってる人しか取れない」と語った。

 初戦敗退は「番狂わせ」ではなく、「必然」だったことを思い知らされ、太田雄貴のリオ五輪は終わったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る