18人すべて県外出身 秀岳館・鍛治舎監督の“勝利への執念”

公開日: 更新日:

■2強とは思っていない

――秀岳館といえば、鍛治舎監督が以前率いていた枚方ボーイズの選手たちが大半を占めています。来年も多くの生徒たちが入学するのですか?

「来年の1年生は2人だけですね。彼らには『強いところに行って頑張れ』と言ったんです(苦笑い)。家庭の経済的な事情などでどうしても、という子は受け入れますが、今の1年生も大阪桐蔭や智弁学園といった学校に進学して頑張っています。熊本にも九州にもたくさんいい子がいますからね。もっとも、現状では九州の良い子は県外に出たり、九州国際大付属といった強豪校に行くケースが多い。春夏と甲子園に出たことを契機にステップ・バイ・ステップでウチにも目を向けてもらえたらと」

――今回、優勝することができれば目標にグッと近づきます。開幕前には、優勝候補といわれる履正社や横浜の甲子園練習を視察していましたが、2校を倒せば、という考えがあってのことですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る