東京「若手が頑張る」 レスリング吉田沙保里が現役引退へ

公開日:  更新日:

「霊長類最強女子」の衝撃の敗戦から一夜明けた19日、リオ五輪に出場した日本女子レスリング陣が現地で会見。4連覇を逃して銀メダルに終わった53キロ級の吉田沙保里(33)は、「たくさん泣いて心配をかけてしまいましたが、今はスッキリしています」と笑顔も見せた。

 しかし、20年東京五輪への思いを聞かれると、「できれば目指したいけど、ゆっくり考えたい」と明言を避け、「これからは(金メダルを獲得した)この若い3人(登坂=22、土性=21、川井=21)が東京を目指して頑張ってくれる」と自らは第一線から退くことを示唆する発言もした。

 関係者によれば、「今五輪での4連覇を花道に引退する意思を固めていた」という。4連覇の夢が破れ、現役続行でリベンジする可能性も残されているが、33歳という年齢からくる衰えに直面しているのも事実。今年に入ってからこの五輪まで一度も試合に出なかったのも、心身の疲労を考慮してのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る