東京「若手が頑張る」 レスリング吉田沙保里が現役引退へ

公開日: 更新日:

「霊長類最強女子」の衝撃の敗戦から一夜明けた19日、リオ五輪に出場した日本女子レスリング陣が現地で会見。4連覇を逃して銀メダルに終わった53キロ級の吉田沙保里(33)は、「たくさん泣いて心配をかけてしまいましたが、今はスッキリしています」と笑顔も見せた。

 しかし、20年東京五輪への思いを聞かれると、「できれば目指したいけど、ゆっくり考えたい」と明言を避け、「これからは(金メダルを獲得した)この若い3人(登坂=22、土性=21、川井=21)が東京を目指して頑張ってくれる」と自らは第一線から退くことを示唆する発言もした。

 関係者によれば、「今五輪での4連覇を花道に引退する意思を固めていた」という。4連覇の夢が破れ、現役続行でリベンジする可能性も残されているが、33歳という年齢からくる衰えに直面しているのも事実。今年に入ってからこの五輪まで一度も試合に出なかったのも、心身の疲労を考慮してのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  6. 6

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

もっと見る