東京「若手が頑張る」 レスリング吉田沙保里が現役引退へ

公開日: 更新日:

「霊長類最強女子」の衝撃の敗戦から一夜明けた19日、リオ五輪に出場した日本女子レスリング陣が現地で会見。4連覇を逃して銀メダルに終わった53キロ級の吉田沙保里(33)は、「たくさん泣いて心配をかけてしまいましたが、今はスッキリしています」と笑顔も見せた。

 しかし、20年東京五輪への思いを聞かれると、「できれば目指したいけど、ゆっくり考えたい」と明言を避け、「これからは(金メダルを獲得した)この若い3人(登坂=22、土性=21、川井=21)が東京を目指して頑張ってくれる」と自らは第一線から退くことを示唆する発言もした。

 関係者によれば、「今五輪での4連覇を花道に引退する意思を固めていた」という。4連覇の夢が破れ、現役続行でリベンジする可能性も残されているが、33歳という年齢からくる衰えに直面しているのも事実。今年に入ってからこの五輪まで一度も試合に出なかったのも、心身の疲労を考慮してのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る