野菜嫌いを克服 レスリングフリー57kg級・樋口が銀奪取

公開日:  更新日:

 強豪を次から次に撃破した。

 日本時間20日午前に行われたリオ五輪レスリングの男子フリースタイル57キロ級決勝。昨年の世界選手権覇者のウラジーミル・キンチェガシビリに逆転で敗れ、銀メダルに終わった日本の樋口黎(20=日体大)は、「1番にならなきゃ意味がない。金メダルを取れず、悔しい」と硬い表情で話したが、初出場の五輪で健闘した。

 初戦、14年世界選手権の王者でロンドン五輪銅メダリストのヤン・ギョンイルを破って波に乗った。2回戦も10-0と圧倒し、2戦連続テクニカルフォール勝ち。準決勝では13年世界選手権55キロ級覇者のハッサン・ラヒミに10-5の判定で勝ち、初の五輪で銀メダル以上を確定させた。

 決勝は、第2ピリオド開始10秒で片足タックルからポイントを奪い、残り2分10秒の時点で3-0とリード。が、残り40秒で3-3に追いつかれた。最後は、逃げ切りを図る相手が意図的に指をつかむ反則を犯しているように見えたが、日本のチャレンジは認められずに判定負け。納得できない樋口は、試合直後の取材に口を開かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る