• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野菜嫌いを克服 レスリングフリー57kg級・樋口が銀奪取

 強豪を次から次に撃破した。

 日本時間20日午前に行われたリオ五輪レスリングの男子フリースタイル57キロ級決勝。昨年の世界選手権覇者のウラジーミル・キンチェガシビリに逆転で敗れ、銀メダルに終わった日本の樋口黎(20=日体大)は、「1番にならなきゃ意味がない。金メダルを取れず、悔しい」と硬い表情で話したが、初出場の五輪で健闘した。

 初戦、14年世界選手権の王者でロンドン五輪銅メダリストのヤン・ギョンイルを破って波に乗った。2回戦も10-0と圧倒し、2戦連続テクニカルフォール勝ち。準決勝では13年世界選手権55キロ級覇者のハッサン・ラヒミに10-5の判定で勝ち、初の五輪で銀メダル以上を確定させた。

 決勝は、第2ピリオド開始10秒で片足タックルからポイントを奪い、残り2分10秒の時点で3-0とリード。が、残り40秒で3-3に追いつかれた。最後は、逃げ切りを図る相手が意図的に指をつかむ反則を犯しているように見えたが、日本のチャレンジは認められずに判定負け。納得できない樋口は、試合直後の取材に口を開かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  8. 8

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る