• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰大谷163キロ記録も…ハム勝ちきれずソフトB戦に暗雲

 二刀流復活へ明るい材料ではある。日本ハムの大谷翔平(22)が、7日のロッテ戦で2カ月ぶりの先発復帰。計38球、2回を投げて2安打1失点、2奪三振。自己最速タイの163キロをマークするなど上々の内容だった。

「なんとかリードした状態でつなげられてよかった」とは登板後の本人だ。

 21日からのソフトバンク戦の先発に向けた調整は順調とはいえ、良いことばかりではない。戦線離脱したマーティンに代わる抑えにメドが立たなかったからだ。

 1点リードの九回、マウンドに上がったのは制球に難のある左腕吉川。案の定、ボールが先行してピンチを広げ、打者5人に2安打1四球で同点に追いつかれた。

 大谷を欠いた打線もパッとしなかった。初回に2点を取って以降、七回まで無得点。九回同点に追いつかれて以降は結局、点が入らず、勝ち試合を引き分けた。

 大谷に先発のメドが立っても、打線は貧弱になり、抑えの問題は解決しないまま。あっちが立てば、こっちが立たずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る