復帰大谷163キロ記録も…ハム勝ちきれずソフトB戦に暗雲

公開日:  更新日:

 二刀流復活へ明るい材料ではある。日本ハムの大谷翔平(22)が、7日のロッテ戦で2カ月ぶりの先発復帰。計38球、2回を投げて2安打1失点、2奪三振。自己最速タイの163キロをマークするなど上々の内容だった。

「なんとかリードした状態でつなげられてよかった」とは登板後の本人だ。

 21日からのソフトバンク戦の先発に向けた調整は順調とはいえ、良いことばかりではない。戦線離脱したマーティンに代わる抑えにメドが立たなかったからだ。

 1点リードの九回、マウンドに上がったのは制球に難のある左腕吉川。案の定、ボールが先行してピンチを広げ、打者5人に2安打1四球で同点に追いつかれた。

 大谷を欠いた打線もパッとしなかった。初回に2点を取って以降、七回まで無得点。九回同点に追いつかれて以降は結局、点が入らず、勝ち試合を引き分けた。

 大谷に先発のメドが立っても、打線は貧弱になり、抑えの問題は解決しないまま。あっちが立てば、こっちが立たずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る