• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

難コースに大苦戦…日本ツアー女子プロは“低レベル”揃い

【日本女子プロゴルフ選手権 最終日】

 10位発進の鈴木愛(22)が69で回り、5打差をひっくり返し、通算1オーバーで逆転優勝した。公式戦は2014年日本女子オープン以来、日本人プロが7連敗中だったが、2年前の今大会で初優勝した鈴木がやっと不名誉な記録を止めた。

「自分(が勝って次の公式戦)からはじまった外国人のメジャー連勝記録も自分で阻止できたのですごくうれしい」(鈴木)

 今大会は岡本綾子プロがコース設定を手掛け、国内女子ツアー史上最長の総距離6750ヤード(パー72)に加え、160ミリの深いラフに各選手はスコアメークに苦しんだ。

 最終日、2連覇を狙う1アンダー・首位発進のテレサ・ルー(28=台湾)は77と崩れて通算4オーバー6位。同じ首位タイから発進した酒井美紀(25)も76とスコアを落とし、通算3オーバー4位。賞金ランク独走中のイ・ボミ(28=韓国)は通算8オーバー14位と、今週は一度も優勝争いに顔を出せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る