• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリー撃破で錦織が全米4強 勝因は驚異の“メンタル制御”

 激闘の3時間58分だった。

 テニスの全米オープンは7日(日本時間8日)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランキング7位で第6シードの錦織圭(26)が、同2位で第2シードのアンディ・マリー(29)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5のフルセットの末に撃破。準優勝した14年以来、2年ぶりの4強入りを決めた。

 直近の対戦ではリオ五輪準決勝で敗れるなど、これまで1勝7敗と苦手にしていた相手を14年のATPツアー・ファイナルで倒して以来、2年ぶりの雪辱を果たした。

 リオ五輪で金メダルを獲得したマリーは現在、ジョコビッチ(同1位)以上の安定感で「世界最強」ともいわれる難敵だ。錦織は勝負が決まる第5セット、いきなりブレークに成功し2ゲームを連取するが、第4ゲームでブレークされる。その後は一進一退の攻防が続き、第8ゲームでこのセット2度目のブレークを許すと、続く第9ゲームもキープされ、4-5とリードされる。流れはマリーに傾きかけた。しかし、ここから錦織は怒涛の巻き返しを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る