初優勝逃した大坂なおみ 元世界女王相手に“何もかも完敗”

公開日: 更新日:

 経験値の差が出た。女子テニスの「東レ・パンパシフィック・オープン」のシングルス決勝で、18歳の大坂なおみ(世界ランク66位)は元世界1位のキャロライン・ウォズニアッキ(26・同28位=デンマーク)に5-7、3-6のストレートで敗れた。

 大坂はハイチ出身の父と日本人の母を持つハーフ。大阪で生まれ、4歳で米国に移住。会見で話す日本語はたどたどしい。身長180センチ・体重69キロの日本人離れした体格から放つサーブは200キロを超えるが、この日は試合前から右肩に違和感があり、得意のパワーサーブが打てなかった。

 一方のウォズニアッキも試合中に左脚を痛め、第1セットを3-4とリードされたところでメディカルチェックを受けた。左太ももにサポーターを巻いて試合再開。そこからゲームの流れがウォズニアッキへ移り、大坂は第1セットとゲームの主導権を奪われた。「相手が治療を受けるとか、あまり慣れていなかった」と漏らした大坂。元女王のしたたかな「作戦」にやられたか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  6. 6

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  10. 10

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

もっと見る