アストロズで“4人目外野手”の青木に正左翼獲得の可能性

公開日: 更新日:

 年齢的に限界といわれていたベテラン外野手の移籍先が早々と決まった。

 マリナーズからウエーバーにかけられていた青木宣親外野手(34)が3日(日本時間4日)、アストロズと契約。身体検査を経て週明けにも入団発表に臨む予定だ。

 今季の青木はリードオフマンとして期待されながら、開幕から絶不調。打率は2割台前半に低迷し、6月にマイナー降格。球宴後にメジャー復帰して以降は打率3割をマークして調子を上げたが、8月には李大浩(34)らと入れ替わりで2度目のマイナー落ち。レギュラーシーズン終盤に当たりが戻り、118試合で打率2割8分3厘、4本塁打、28打点で今季を終えた。

 アストロズのジェフ・ルーノーGMは、14年オフにも青木取りに動いたことを明かし、「三振が少ない(今季45個)アオキは我がチームに必要だった」とベテラン外野手獲得の理由を説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る