アストロズで“4人目外野手”の青木に正左翼獲得の可能性

公開日:  更新日:

 年齢的に限界といわれていたベテラン外野手の移籍先が早々と決まった。

 マリナーズからウエーバーにかけられていた青木宣親外野手(34)が3日(日本時間4日)、アストロズと契約。身体検査を経て週明けにも入団発表に臨む予定だ。

 今季の青木はリードオフマンとして期待されながら、開幕から絶不調。打率は2割台前半に低迷し、6月にマイナー降格。球宴後にメジャー復帰して以降は打率3割をマークして調子を上げたが、8月には李大浩(34)らと入れ替わりで2度目のマイナー落ち。レギュラーシーズン終盤に当たりが戻り、118試合で打率2割8分3厘、4本塁打、28打点で今季を終えた。

 アストロズのジェフ・ルーノーGMは、14年オフにも青木取りに動いたことを明かし、「三振が少ない(今季45個)アオキは我がチームに必要だった」とベテラン外野手獲得の理由を説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る