想定外の打撃進歩…楽天オコエの活躍に他球団が歯ぎしり

公開日:  更新日:

「こういった華のある選手を獲得できたら、みなさんも追っ掛けるんでしょうね。他球団に2位で取られたら悔しい」

 昨年8月、俊足好守で夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉(18=現楽天)について、日本ハムの大渕アマスカウトディレクターはこう言っていた。

 そのオコエが単に「華のある選手」でなかったことは、最近の活躍が示す通り。交流戦中に「1番中堅」に定着、18日のDeNA戦ではプロ1号を放ってスポーツマスコミを賑わせた。

 そもそも高卒ルーキーで現在、一軍に名を連ねているのはオコエと中日の小笠原だけ。これだけの選手がしかし、ドラフトでは「外れ1位」に過ぎなかった。楽天にしても、平沢(18)を1位入札してクジで外れた末の指名だった。

 冒頭の日本ハムは外野が飽和状態というチーム事情があったにせよ、1位指名した即戦力左腕であるはずの上原(22)はいまだ二軍暮らし。オコエの能力と知名度を高く評価していた巨人にしても、1位で獲得したのは現在、二軍調整中の大学生右腕・桜井(22)だった。フロント内部に「能力があって、なおかつ甲子園で活躍した選手はスター不足の現状を考えても買い」との声があったにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る