想定外の打撃進歩…楽天オコエの活躍に他球団が歯ぎしり

公開日:  更新日:

「こういった華のある選手を獲得できたら、みなさんも追っ掛けるんでしょうね。他球団に2位で取られたら悔しい」

 昨年8月、俊足好守で夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉(18=現楽天)について、日本ハムの大渕アマスカウトディレクターはこう言っていた。

 そのオコエが単に「華のある選手」でなかったことは、最近の活躍が示す通り。交流戦中に「1番中堅」に定着、18日のDeNA戦ではプロ1号を放ってスポーツマスコミを賑わせた。

 そもそも高卒ルーキーで現在、一軍に名を連ねているのはオコエと中日の小笠原だけ。これだけの選手がしかし、ドラフトでは「外れ1位」に過ぎなかった。楽天にしても、平沢(18)を1位入札してクジで外れた末の指名だった。

 冒頭の日本ハムは外野が飽和状態というチーム事情があったにせよ、1位指名した即戦力左腕であるはずの上原(22)はいまだ二軍暮らし。オコエの能力と知名度を高く評価していた巨人にしても、1位で獲得したのは現在、二軍調整中の大学生右腕・桜井(22)だった。フロント内部に「能力があって、なおかつ甲子園で活躍した選手はスター不足の現状を考えても買い」との声があったにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る