• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

想定外の打撃進歩…楽天オコエの活躍に他球団が歯ぎしり

「こういった華のある選手を獲得できたら、みなさんも追っ掛けるんでしょうね。他球団に2位で取られたら悔しい」

 昨年8月、俊足好守で夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉(18=現楽天)について、日本ハムの大渕アマスカウトディレクターはこう言っていた。

 そのオコエが単に「華のある選手」でなかったことは、最近の活躍が示す通り。交流戦中に「1番中堅」に定着、18日のDeNA戦ではプロ1号を放ってスポーツマスコミを賑わせた。

 そもそも高卒ルーキーで現在、一軍に名を連ねているのはオコエと中日の小笠原だけ。これだけの選手がしかし、ドラフトでは「外れ1位」に過ぎなかった。楽天にしても、平沢(18)を1位入札してクジで外れた末の指名だった。

 冒頭の日本ハムは外野が飽和状態というチーム事情があったにせよ、1位指名した即戦力左腕であるはずの上原(22)はいまだ二軍暮らし。オコエの能力と知名度を高く評価していた巨人にしても、1位で獲得したのは現在、二軍調整中の大学生右腕・桜井(22)だった。フロント内部に「能力があって、なおかつ甲子園で活躍した選手はスター不足の現状を考えても買い」との声があったにもかかわらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る