マリーら難敵がズラリ…錦織圭の今季最終戦は“死の組”に

公開日: 更新日:

 年間成績上位8人が出場する男子テニスの今季最終戦「ATPツアー・ファイナル」(13日開幕=ロンドン)の1次リーグの組み合わせが7日(現地時間)に決まった。

 世界ランキング5位で3年連続出場の錦織圭(26)は、同1位でリオ五輪金メダルのアンディ・マリー(29=英国)、同3位のスタン・ワウリンカ(31=スイス)、同7位のマリン・チリッチ(28=クロアチア)と同組に入った。1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで対戦。各組2位までが準決勝に進出する。

 14年以来の4強入りを狙う錦織にとって、同組は難敵ばかりだ。マリー(通算2勝7敗)、ワウリンカ(同2勝4敗)とは相性が悪い。唯一、チリッチには7勝5敗と勝ち越しているとはいえ、直近のスイス室内(10月30日)決勝でストレート負けを喫した。

 1勝2敗の3位で、グループリーグ敗退に終わった昨季の雪辱を期す錦織は、苦戦を強いられそうだ。

 なお、もうひと組には5連覇がかかる世界2位のノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)、4位のミロシュ・ラオニッチ(25=カナダ)、6位のガエル・モンフィス(30=フランス)、9位のドミニク・ティエム(23=オーストリア)が入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る