• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョコは本調子にあらず 好発進の錦織に最終戦Vチャンス

 今季最終戦で好スタートを切った。

 男子テニスのATPツアー・ファイナル(ロンドン)2日目は14日、シングルス1次リーグA組で世界ランキング5位の錦織圭(26)が同3位のスタン・ワウリンカ(31=スイス)に、セットカウント2-0でストレート勝ち。今年の全米オープン覇者をわずか67分で退けた。

 年間成績上位8選手のみが出場する今大会。錦織は14年から3年連続で晴れの舞台に立ったが、今季はリオ五輪で銅メダルを獲得したものの、ツアー勝利はATP250のメンフィスのみ。4大大会は全米のベスト4が最高成績。目標にしていたマスターズ1000も未勝利に終わった。

 世界ランク3位までのマリー(29)、ジョコビッチ(29)、ワウリンカは、いずれも今季は4大大会に優勝している。同4位のラオニッチ(25)も勝ち星はブリスベン国際(250)のみだが、マリーと対戦した全英の決勝では見せ場をつくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る