日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョコは本調子にあらず 好発進の錦織に最終戦Vチャンス

 今季最終戦で好スタートを切った。

 男子テニスのATPツアー・ファイナル(ロンドン)2日目は14日、シングルス1次リーグA組で世界ランキング5位の錦織圭(26)が同3位のスタン・ワウリンカ(31=スイス)に、セットカウント2-0でストレート勝ち。今年の全米オープン覇者をわずか67分で退けた。

 年間成績上位8選手のみが出場する今大会。錦織は14年から3年連続で晴れの舞台に立ったが、今季はリオ五輪で銅メダルを獲得したものの、ツアー勝利はATP250のメンフィスのみ。4大大会は全米のベスト4が最高成績。目標にしていたマスターズ1000も未勝利に終わった。

 世界ランク3位までのマリー(29)、ジョコビッチ(29)、ワウリンカは、いずれも今季は4大大会に優勝している。同4位のラオニッチ(25)も勝ち星はブリスベン国際(250)のみだが、マリーと対戦した全英の決勝では見せ場をつくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事