• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアー予定変更の錦織 大会5連覇より欲しい世界ランク4位

 世界ランク5位の錦織圭(26)が、来年2月のツアースケジュールを変更するという。

 今季出場したメンフィス・オープン(米、ATP250)、メキシコ・テルセル・オープン(ATP500)と続くハードコートの2大会をパス。代わりに同時期に行われるアルゼンチン・オープン(ATP250)、リオ・オープン(ATP500)のクレーコート(赤土)の2大会に出場する。

 錦織が今季、唯一、勝ったのがメンフィス・オープン。目下4連覇中と相性のいい大会を捨ててまでクレーにこだわるのは、「ポイントを取りにいく」ため。「クレーでいい活躍ができているから」だという。

 確かに通算のコート別勝率を見るとクレー.718、グラス(芝).596、ハード.681。錦織が最も得意としているのはクレーなのだ。

 例えば昨年はメンフィス・オープンを制しながら、格上のメキシコ・テルセル・オープンは2回戦敗退。来季はメキシコ・テルセル・オープン同様の格付けで、なおかつ得意コートのリオ・オープンで好成績を残すプランなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る