マリーに惜敗も 錦織圭ファイナル大暴れに「3つの理由」

公開日:

 3時間20分。ツアー・ファイナル史上最長の試合時間が、何より激戦の中身を物語っている。

 16日、英国のロンドンで行われた男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナル第4日。男子シングルス1次リーグA組で錦織圭(26=世界ランク5位)が、アンディー・マリー(29・英国=同1位)に7─6、4─6、4─6で逆転負け、通算1勝1敗となった。

 14日の初戦では今年の全米覇者ワウリンカにたった67分でストレート勝ち。この日の第2戦は世界ランク1位から1セットを奪い、接戦に持ち込んだ。「きょうは必死だった。ケイにだいぶ走らされたよ。サーブでポイントが取れたのが大きかった」とは試合後のマリーだ。

 錦織は18日、2年ぶりの準決勝進出をかけてマリン・チリッチ(28・クロアチア=同7位)と対戦する。16日夜の試合はスタン・ワウリンカ(31・スイス=同3位)がチリッチに7-6、7-6のストレート勝ち。錦織と1勝1敗で並んだ。錦織は直接対決でワウリンカに勝っているため、18日にチリッチを下せば、ワウリンカの結果にかかわらず準決勝進出が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る