マリーに惜敗も 錦織圭ファイナル大暴れに「3つの理由」

公開日: 更新日:

 3時間20分。ツアー・ファイナル史上最長の試合時間が、何より激戦の中身を物語っている。

 16日、英国のロンドンで行われた男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナル第4日。男子シングルス1次リーグA組で錦織圭(26=世界ランク5位)が、アンディー・マリー(29・英国=同1位)に7─6、4─6、4─6で逆転負け、通算1勝1敗となった。

 14日の初戦では今年の全米覇者ワウリンカにたった67分でストレート勝ち。この日の第2戦は世界ランク1位から1セットを奪い、接戦に持ち込んだ。「きょうは必死だった。ケイにだいぶ走らされたよ。サーブでポイントが取れたのが大きかった」とは試合後のマリーだ。

 錦織は18日、2年ぶりの準決勝進出をかけてマリン・チリッチ(28・クロアチア=同7位)と対戦する。16日夜の試合はスタン・ワウリンカ(31・スイス=同3位)がチリッチに7-6、7-6のストレート勝ち。錦織と1勝1敗で並んだ。錦織は直接対決でワウリンカに勝っているため、18日にチリッチを下せば、ワウリンカの結果にかかわらず準決勝進出が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る