日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリーに惜敗も 錦織圭ファイナル大暴れに「3つの理由」

 3時間20分。ツアー・ファイナル史上最長の試合時間が、何より激戦の中身を物語っている。

 16日、英国のロンドンで行われた男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナル第4日。男子シングルス1次リーグA組で錦織圭(26=世界ランク5位)が、アンディー・マリー(29・英国=同1位)に7─6、4─6、4─6で逆転負け、通算1勝1敗となった。

 14日の初戦では今年の全米覇者ワウリンカにたった67分でストレート勝ち。この日の第2戦は世界ランク1位から1セットを奪い、接戦に持ち込んだ。「きょうは必死だった。ケイにだいぶ走らされたよ。サーブでポイントが取れたのが大きかった」とは試合後のマリーだ。

 錦織は18日、2年ぶりの準決勝進出をかけてマリン・チリッチ(28・クロアチア=同7位)と対戦する。16日夜の試合はスタン・ワウリンカ(31・スイス=同3位)がチリッチに7-6、7-6のストレート勝ち。錦織と1勝1敗で並んだ。錦織は直接対決でワウリンカに勝っているため、18日にチリッチを下せば、ワウリンカの結果にかかわらず準決勝進出が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事