• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッカー氏と契約解消…ジョコ王者陥落の裏に“謎の教祖”

「コンビ結成時の目標を全て達成できた。彼の協力に感謝する」――。

 ボリス・ベッカー氏(ドイツ)とのコーチ契約を解消した男子テニスで世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)が自身のSNSにこう記した。

 ジョコビッチは13年12月からドイツ人コーチの指導を受け、今季までの3年間で4大大会を6度制覇。今年5月の全仏オープンに優勝し生涯グランドスラムを達成した。

 しかし、夏場以降は格下相手に取りこぼしが目立ち、リオ五輪では当時世界ランク141位のアルゼンチンのデルポトロ(28)相手に初戦敗退。11月のBNPパリバ・マスターズで準々決勝で敗れ、2年以上も君臨してきた世界ランク1位から陥落。アンディ・マリー(29=英国)にトップの座を譲ると、ATPツアー・ファイナル決勝でもマリーに屈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る