日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッカー氏と契約解消…ジョコ王者陥落の裏に“謎の教祖”

「コンビ結成時の目標を全て達成できた。彼の協力に感謝する」――。

 ボリス・ベッカー氏(ドイツ)とのコーチ契約を解消した男子テニスで世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)が自身のSNSにこう記した。

 ジョコビッチは13年12月からドイツ人コーチの指導を受け、今季までの3年間で4大大会を6度制覇。今年5月の全仏オープンに優勝し生涯グランドスラムを達成した。

 しかし、夏場以降は格下相手に取りこぼしが目立ち、リオ五輪では当時世界ランク141位のアルゼンチンのデルポトロ(28)相手に初戦敗退。11月のBNPパリバ・マスターズで準々決勝で敗れ、2年以上も君臨してきた世界ランク1位から陥落。アンディ・マリー(29=英国)にトップの座を譲ると、ATPツアー・ファイナル決勝でもマリーに屈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事