• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2回戦は危なげなし 錦織GS初制覇は体力温存が最大のカギ

 テニスの全豪オープンで3回戦に駒を進めた錦織圭(27=写真)。1回戦は世界ランク45位のクズネツォフ(25・ロシア)相手にフルセットまでもつれ、3時間34分の長時間ゲームとなったが、2回戦のシャルディー(29・フランス=同72位)は2時間6分であっさり退けた。

 次は予選から勝ち上がってきた同121位のラツコ(29・スロバキア)と対戦。ここも短時間で終わらせないと強敵相手の4回戦以降はヘトヘトだ。

 まず、第10シードのベルディハ(31・チェコ)と第17シードのフェデラー(35・スイス)の勝者と当たる。196センチの長身で高速サーブが武器のベルディハはもちろん、膝の故障で6カ月間も戦線を離れていたフェデラーもここまでの動きを見れば体調不安は感じられない。どちらが来ても苦戦必至だ。そこを突破しても準々決勝は第1シードの粘り強いマリー(29・英国)戦だ。

 今年のメルボルンはかなり暑い。上位進出はやはりスタミナがカギとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事