棒高女王トップ就任も…ロシア反ドーピング機関の怪しさ

公開日: 更新日:

 かつての棒高跳びの女王が薬物問題の責任者に就任した。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)を監督する評議会の議長に決まった世界記録(5メートル6センチ)保持者のエレーナ・イシンバエワ(34)のことだ。

 今後はイシンバエワが中心となり、世界反ドーピング機構(WADA)から組織的ドーピングにより資格停止処分を受けたRUSADAの再建に取り組むという。

 イシンバエワを責任者に選んだRUSADAの決定にWADAは声明で不快感をあらわにしたが、それも当然だろう。WADAの情報がイシンバエワを通じてロシア側に筒抜けになりかねないからだ。

 イシンバエワは今年8月の国際オリンピック委員会(IOC)アスリート委員選挙で当選。アスリート委員はIOC理事も兼ねるため、ドーピングに関するあらゆる情報にアクセスしやすい立場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    実は7割の人が間違っている…マスクの正しい装着方法とは

もっと見る