棒高女王トップ就任も…ロシア反ドーピング機関の怪しさ

公開日: 更新日:

 かつての棒高跳びの女王が薬物問題の責任者に就任した。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)を監督する評議会の議長に決まった世界記録(5メートル6センチ)保持者のエレーナ・イシンバエワ(34)のことだ。

 今後はイシンバエワが中心となり、世界反ドーピング機構(WADA)から組織的ドーピングにより資格停止処分を受けたRUSADAの再建に取り組むという。

 イシンバエワを責任者に選んだRUSADAの決定にWADAは声明で不快感をあらわにしたが、それも当然だろう。WADAの情報がイシンバエワを通じてロシア側に筒抜けになりかねないからだ。

 イシンバエワは今年8月の国際オリンピック委員会(IOC)アスリート委員選挙で当選。アスリート委員はIOC理事も兼ねるため、ドーピングに関するあらゆる情報にアクセスしやすい立場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る