マー君にも痛手…ヤンキース同僚のWBCドミニカ代表入り

公開日:

 WBC(3月開幕)の各国の代表選手が明らかになってきた。

 連覇を狙うドミニカ共和国はドリームチームを編成した前回に引き続いて豪華布陣。MLB公式サイトによれば、投手はカージナルスの右腕マルティネス(昨季16勝9敗)、レイズの右腕コロメ(同37セーブ)、野手では本塁打王の実績があるレンジャーズ・ベルトレ(04年)、ブルージェイズ・バティスタ(10、11年)、マリナーズ・クルーズ(14年)らが名を連ねた。

 日本人選手が所属するチームから各国代表に選ばれる選手も少なくない。ダルのレンジャーズからは正捕手ルクロイ、イチローのマーリンズからは主砲スタントン外野手が米国代表で出場を表明している。

 同僚のWBC出場で割を食いそうなのがヤンキース・田中将大(28)だ。一時、ドミニカ代表入りがささやかれた強打のサンチェス捕手は出場を見送ったものの、リリーフ右腕のベタンセスは同国代表入りを表明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る