日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

休日でも必ず ハム矢野謙次はビーチ散歩がキャンプの日課

「ガス抜きですか? 本を読んだり、宿舎の喫茶店でお茶したり……。あとは、散歩もいいですね」

 日本ハムの矢野謙次(36)には日課がある。毎朝、二軍宿舎を出て目の前にある(オクマ)ビーチをゆっくり散歩することだ。

「僕は休みの日も、練習日と同様に朝7時に起きています。シャワーを浴びて、朝食は食べたり食べなかったりですけど、そのあと、15~20分くらい砂浜を歩くんです。朝の光が心地よくて、息抜きになりますね」

 太陽の黄色い光を浴びながら、透き通る青い海を眺めていると、今日は練習でこんなキャッチボールをしてみよう、などとアイデアが湧くこともあるという。

 巨人時代の07年、ソフトバンクとの交流戦で代打サヨナラ満塁弾を放ち、当時の渡辺球団会長から「今日の一発は1000万円以上の価値がある」と大絶賛され、その年のオフに2000万円アップを勝ち取った男は、日本ハムに移籍して3年目。年齢では、武田、飯山に次いで上から3番目になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事