入浴剤も気分で ヤクルト小川泰弘は長風呂でリラックス

公開日:

「疲れをためないためにも、毎晩、長風呂に入っています」

 ヤクルトのエースは練習が終わって宿舎に帰ったあと、自室で風呂につかるのが日課。その日の気分で入浴剤を選ぶ。市販されているもので、先日は温泉をイメージした、白濁色の入浴剤を使ったそうだ。

「20~30分くらいはお湯につかります。湯量は浴槽の八分目くらいがいいですね。マッサージやストレッチをしたり、iPadで野球の動画やお笑いのネタを見たりしています。長風呂した後は、また明日も練習を頑張ろうという気持ちになります」

 昨季は8勝9敗、防御率4.50と不本意な成績に終わった。今季は15年以来2年ぶりのリーグ優勝に加え、個人としては防御率2.50を目標値に設定した。

「とにかく失点を防げば勝つ確率が上がる。防御率にこだわり、イニング数を多く投げることができれば、勝ちはしっかりついてくると思っています。キレとコントロールを磨いて、チームに貢献したい」と意気込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る