“ピッチの王様”にこだわり 中村俊輔電撃磐田入りの真相

公開日: 更新日:

 元日本代表のMF中村俊輔(38)が97年に入団以来、慣れ親しんだ横浜Mを離れてジュビロ磐田(静岡)に移籍した。

 世界中でクラブ運営を手掛けるシティー・フットボール・グループ(CFG)が14年、横浜Mの株式20%強を取得すると編成面などにも口を挟むようになり、不満を覚えた中村は「純粋にボールを追いかけたい」と移籍を決断。13日の移籍会見でも「普通にサッカーをやりたい」とコメントしており、横浜Mがいかに居心地が悪く、サッカーに専念する環境が整っていないかをにおわせた。

「昨年の11月、選手から『練習がマンネリ。コミュニケーションの取れない指導者』と悪評だったモンバエルツ監督の続投をCFGが決め、長らく横浜Mを支えてきた裏方らも続々と解雇された。横浜Mを愛する中村がクラブに愛想を尽かした──と察知した磐田の名波監督が『いつでも門を開いて待っている』と接触。日本代表で一緒にプレーした名波監督なら『自分を必ず生かしてくれる』と中村も確信。今回の大型移籍となった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る