日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア大会2個目の金獲得 高木美帆は“四刀流”が強さの源

 21日、「冬季アジア大会」女子スピードスケート1500メートルに出場した高木美帆(22)が1分56秒07の大会新記録で優勝した。前日の3000メートルも自身の国内最高を塗り替える大会新記録で制したばかり。1000メートルでは小平奈緒(30)に僅差で敗れて銀となったが、2つ目の金メダルを「後半落ちなかったのが良かった」と振り返り、会場を訪れた子供たちとハイタッチを交わすと、「少しでもスケートに興味を持ってもらえればと思った」と話した。

 父親は帯広のトラクター製造会社で働くサラリーマン。兄と姉の影響で5歳のころにスピードスケートと出合った高木は、小学生になるといろんなスポーツをトライした。小学1年からヒップホップダンス、翌年からはサッカー、陸上など幅広いジャンル、競技を経験。中学ではサッカー部で男子に交ざってフォワードとして活躍し、北海道選抜として「U-15」の合宿にも参加した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事