• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬季アジア大会でメダル量産 札幌が狙う2030年五輪開催地

 19日に開幕した冬季アジア札幌大会は、日本勢のメダルラッシュに沸いている。

 20日には、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒(30)、高木美帆(22)の日本勢がワンツー、フィニッシュ。スノーボード回転では前日の女子大回転で金メダルを獲得した家根谷依里(32)が銀メダル、男子の鈴木湧也(22)は2位に入った。W杯や五輪に比べてレベルが劣るだけに当然とはいえ、日本勢の躍進が目立っている。

 日本での冬季アジア大会は03年青森大会以来14年ぶり。札幌での開催は86、90年に続いて今回で3度目になる。今回はアジアオリンピック評議会(CA)の強い要望もあって、札幌市を含めた周辺自治体とともに開催を決めた。寒冷地が少ない上に、冬季競技の大会を開催できるだけの環境が整った都市は限られるためだ。今回のアジア大会開催を契機に札幌市を中心とした北海道の自治体が次に狙っているのは、2度目の冬季五輪開催だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る