冬季アジア大会でメダル量産 札幌が狙う2030年五輪開催地

公開日: 更新日:

 19日に開幕した冬季アジア札幌大会は、日本勢のメダルラッシュに沸いている。

 20日には、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒(30)、高木美帆(22)の日本勢がワンツー、フィニッシュ。スノーボード回転では前日の女子大回転で金メダルを獲得した家根谷依里(32)が銀メダル、男子の鈴木湧也(22)は2位に入った。W杯や五輪に比べてレベルが劣るだけに当然とはいえ、日本勢の躍進が目立っている。

 日本での冬季アジア大会は03年青森大会以来14年ぶり。札幌での開催は86、90年に続いて今回で3度目になる。今回はアジアオリンピック評議会(CA)の強い要望もあって、札幌市を含めた周辺自治体とともに開催を決めた。寒冷地が少ない上に、冬季競技の大会を開催できるだけの環境が整った都市は限られるためだ。今回のアジア大会開催を契機に札幌市を中心とした北海道の自治体が次に狙っているのは、2度目の冬季五輪開催だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る