• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬季アジア大会でメダル量産 札幌が狙う2030年五輪開催地

 19日に開幕した冬季アジア札幌大会は、日本勢のメダルラッシュに沸いている。

 20日には、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒(30)、高木美帆(22)の日本勢がワンツー、フィニッシュ。スノーボード回転では前日の女子大回転で金メダルを獲得した家根谷依里(32)が銀メダル、男子の鈴木湧也(22)は2位に入った。W杯や五輪に比べてレベルが劣るだけに当然とはいえ、日本勢の躍進が目立っている。

 日本での冬季アジア大会は03年青森大会以来14年ぶり。札幌での開催は86、90年に続いて今回で3度目になる。今回はアジアオリンピック評議会(CA)の強い要望もあって、札幌市を含めた周辺自治体とともに開催を決めた。寒冷地が少ない上に、冬季競技の大会を開催できるだけの環境が整った都市は限られるためだ。今回のアジア大会開催を契機に札幌市を中心とした北海道の自治体が次に狙っているのは、2度目の冬季五輪開催だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る