伊藤有希が2大会連続の銀 3位高梨は“負けジンクス”続く

公開日:  更新日:

 ノルディックスキーの世界選手権第3日が24日(日本時間25日未明)にフィンランドのラハティで行われ、ジャンプ女子個人で今大会初優勝を狙う高梨沙羅(20)は、98メートル、95メートルの251.1点で3位。伊藤有希(22)は97メートル、96.5メートルの252.6点で2大会連続の2位に入った。優勝はソチ五輪金メダルのカリーナ・フォクト(25=ドイツ)。98.5メートル、96.5メートルの254.6点で世界選手権連覇を達成。驚きのビッグゲーム3連勝となった。

 金メダルが期待された高梨は、また表彰台のトップに立てなかった。

 24日付の日刊ゲンダイでも報じたが、W杯では絶対的な強さを見せる高梨は世界選手権と五輪では優勝がない。今大会は11年6位、13年2位、15年4位。14年ソチ五輪もメダルなしの4位。今年の世界選手権も、W杯通算4度目の総合優勝を決め、歴代最多タイとなる53勝の「大看板」を引っ提げて乗り込んできたものの3位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る