伊藤有希が2大会連続の銀 3位高梨は“負けジンクス”続く

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーの世界選手権第3日が24日(日本時間25日未明)にフィンランドのラハティで行われ、ジャンプ女子個人で今大会初優勝を狙う高梨沙羅(20)は、98メートル、95メートルの251.1点で3位。伊藤有希(22)は97メートル、96.5メートルの252.6点で2大会連続の2位に入った。優勝はソチ五輪金メダルのカリーナ・フォクト(25=ドイツ)。98.5メートル、96.5メートルの254.6点で世界選手権連覇を達成。驚きのビッグゲーム3連勝となった。

 金メダルが期待された高梨は、また表彰台のトップに立てなかった。

 24日付の日刊ゲンダイでも報じたが、W杯では絶対的な強さを見せる高梨は世界選手権と五輪では優勝がない。今大会は11年6位、13年2位、15年4位。14年ソチ五輪もメダルなしの4位。今年の世界選手権も、W杯通算4度目の総合優勝を決め、歴代最多タイとなる53勝の「大看板」を引っ提げて乗り込んできたものの3位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る