伊藤有希が2大会連続の銀 3位高梨は“負けジンクス”続く

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーの世界選手権第3日が24日(日本時間25日未明)にフィンランドのラハティで行われ、ジャンプ女子個人で今大会初優勝を狙う高梨沙羅(20)は、98メートル、95メートルの251.1点で3位。伊藤有希(22)は97メートル、96.5メートルの252.6点で2大会連続の2位に入った。優勝はソチ五輪金メダルのカリーナ・フォクト(25=ドイツ)。98.5メートル、96.5メートルの254.6点で世界選手権連覇を達成。驚きのビッグゲーム3連勝となった。

 金メダルが期待された高梨は、また表彰台のトップに立てなかった。

 24日付の日刊ゲンダイでも報じたが、W杯では絶対的な強さを見せる高梨は世界選手権と五輪では優勝がない。今大会は11年6位、13年2位、15年4位。14年ソチ五輪もメダルなしの4位。今年の世界選手権も、W杯通算4度目の総合優勝を決め、歴代最多タイとなる53勝の「大看板」を引っ提げて乗り込んできたものの3位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る